厨八十八について

風味吟撰 ふうみぎんせん

ごあいさつ

厨は料理をする所を意味します。すなわち渾身を込めた料理でお客様に質の高いご満足を提供致したいという思いを込めました。八十八は米の文字からとりました。ロビーに田んぼを作りスタッフ一同で田植えをし、稲を育てております。そんな四季折々の田んぼの原風景に心癒して頂ければと思います。いつの時代にもお客様が普遍的に欲するものを私たち流のテイストを加えておもてなしをさせて頂く、そんな宿でありたいと思っております。

厨八十八(くりややそはち) 館主

変わらない、厨八十八(くりややそはち)の心。

米の字をモチーフにした屋号。

稲を育てるには、八十八の手間がかかると言われています。日本の食の原点とも言うべき「米」を屋号にしたためた『厨八十八』は、創業時より敷地内に田んぼを作り続けています。米づくりを通して自然にふれ作物を慈しみながら、料理をする心を育みたいと思っています。

厨(くりや)のこだわり。

『厨八十八』の中心にある料亭街『厨』の真ん中にある『カウンター割烹席』は、素材や造り手の仕事が見える厨房内にあるカウンター席で、次々と調理する作りたてを召上っていただける『厨』の真髄と言えます。“信頼のおける良い材料と丁寧な仕事から美味しい料理は造られる”と考える『厨八十八』のこだわりです。

施設概要

建築概要
駐車場鉄骨鉄筋コンクリート5階建1棟
鉄筋コンクリート2階建1棟 全館冷暖房完備
館内施設概要
  • ・客室/24室
  • ・収容人員/60名
  • ・料亭街「厨」/カウンター割烹:10席
     会食処:44畳「えっ座 ほい座」1室(分割可)、14畳「大根の間」+「玉葱の間」(分割可)、
     個室食事処:「里芋の間」「筍の間」「胡瓜の間」「茄子の間」青蕪の間」「白菜の間」「蓮根の間」7室
  • ・会議施設/イベントスペース「田楽」(50m2)、コンベンショ ンルーム「穂の風」(100m2
  • ・大浴場/殿方大浴場「勇魚」、御婦人大浴場「香魚」、男女共露天風呂、専用パウダールーム付
  • ・貸切専用露天風呂「竹風庵」
  • ・パブリック/貸切飲食処「八里半」、カラオケボックス 「花祭」 「風祭」 2室、売店「案山子」、
     湯あがりギャラリー、エステルーム(1室)、ウエイティングバー「Four seasons」
施設概要
  • ・駐車場/乗用車25台

決済ガイド

取り扱いカード
※1回払いとなります
JCB、VISA
JCBVISA

エステコースのご案内
見て・触れて・食べて、楽しむ 山中温泉観光協会
プランのご紹介
ワンランク上の大人の特等席 カウンター割烹 「くりや八味」プラン
末広がりの屋号の宿で祝う慶事 還暦 縁起プラン
お二人で祝う 記念日プラン
日頃の疲れを解消! エステプラン
お料理重視のお客様へ お料理セレクト予約プラン
お部屋をお選びいただけます お部屋セレクト予約プラン
新感覚で楽しむ【Yasohachi Style】やそはちスタイル
厨の食暦(くりやのしょくごよみ)

厨八十八の料理番が綴る月々の食べもの歳時記