こおろぎ橋

こおろぎ橋

鶴仙渓に架かる総ひのきの造りの橋で、山中温泉を代表する名勝地です。
四季折々の風情、日本の情緒が感じられ、一年を通じて多くの観光客が訪れます。

「こおろぎ」の名の由来は、かつて行路が極めて危なかったので「行路危(こうろぎ)」と称されたとも、秋の夜に鳴くこおろぎの声に由来するとも言われています。

名称 こおろぎ橋
アクセス 当館からこおろぎ橋までは徒歩で約11分です。
住所 石川県加賀市山中温泉こおろぎ町
URL http://tbl.tec.fukuoka-u.ac.jp/bridge/17yamanaka_korogi/index.html
スタッフ情報

厨八十八から、こおろぎ橋までは徒歩約10分です。
こおろぎ橋から鶴仙渓を散策しながら、あやとり橋まで行き、そこから山中温泉の街を散策して戻ってくるのが、おすすめの散策コースです。